リーダーのひとりごと
バドミントンサークル「Sunnyday」リーダーの日記
Profile

シン

Author:シン
バドミントンサークル「Sunnyday」のリーダー
⇒‘Sunnyday’HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールくださいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
虹色コネコ
よく夢をみる
なんとな~くしか憶えてなかったり
目覚めても鮮明に覚えていたり・・・
そんな夢の話

家を出た角に女の子。
年は中学生くらいかな、ずっとこっちを見てる。
近づくと、とても大人しそうな可愛い子。
何処かで出会ったような・・・でも何処で会ったか分からない、なんとなく懐かしい感じのする子。
「何してるの?」
近づきながらそっと声をかけてみる。
女の子は何も言わず悲しい顔でうつむいて・・・じっと何かを見ている。
僕もその子に近づいて目の先を合わせた・・・
何か少し動いている。
「あ、どうしたの?」
それは小さな白いコネコたちだった。
でも女の子は何も言わず悲しそうだ。
「捨てられたんだ。可愛いのに・・・」
きっとたくさん生まれて育てられなかったのだろう。
(何とかしてあげることはできないか?みんな仲良く元気に暮らせないかな・・・)
二人でしばらくコネコたちを抱いていた。

すると、突然コネコたちが色んな色に光りだした。
青いコネコ、赤いコネコ、緑色のコネコ・・・みんな色が違う。
コネコたちは突然元気に仲良く歩いていく。
それはまるで虹のようだ。
女の子は笑顔でコネコを追いかけていった。

僕はじっとその姿を見つめていた。


そんな夢のお話。
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sunnyday0215.blog52.fc2.com/tb.php/3-e2eb8e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。